AGAの特徴

男性にとってはげるという事は、年を取ったなと老化現象の一種と思いがちです。
しかし今では20代後半の若い男性からも薄毛に悩む人が増えています。
薄毛は老化現象では無く、AGAが原因である人が9割近くと言われています。
そのためAGAに対する治療を行わなければ薄毛対策には効果が期待できないという事がわかります。

まずAGAとは男性型脱毛症の事を指します。
男性ホルモンのテストステロンは体毛を濃くする働きがあります。
しかしこのホルモンに5αリダクターゼという酵素が結合するとジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。
このホルモンは頭皮の毛根細胞の働きを低下させ、髪の成長サイクルが一気に短くなり脱毛しやすくなります。
このような理由で脱毛してしまう事をAGAと言われています。

男性型脱毛症には大きく分けて3タイプがあります。
頭頂部、額の生え際、前頭部の三つのタイプに分かれ、それぞれ進行度によって治療方法が異なります。
それぞれのタイプの混同型もあるので、人によってAGAの症状は全く異なります。
まずは自分がAGAの中でどのタイプかを知ることが大事です。
そしてそのタイプに適した治療を選択しましょう。

自分ではどのタイプか見極めるのは難しいため、AGA専門のクリニックなどを尋ねるといいでしょう。
最初は無料でカウンセリングを行ってくれます。
どのような方法が一番適した治療法なのかを知り、安心して施術が受けられるクリニックを探しましょう。



◆注目サイト
AGAの本当の原因や症例などを紹介しています → → AGA 原因

Copyright © 2014 AGAは他人事ではない All Rights Reserved.